2017年 11月 15日

4102

「巨乳」AVギャルの結衣ちゃんはセクシーで超巨乳!

工藤タツオ(AVカメラマン)

-この記事を読んでる人におすすめのお店- PR
https://www.pururun-esthe.com/
 

LPUWBRBD.jpg

シリーズ「タツオのAVのぞき見隊」

元AVカメラマンの工藤タツオが撮影現場で見たおもしろエピソードをお届けするコラム


AV女優の中には、テレビドラマの女優を目指してAVに流れてきた人が多い。

ドラマの女優以外に、タレント志望やモデル志望の女の子もいた。

みんな売れないのにはそれなりに理由があって、どこかイマイチでセールスポイントに欠けていた。

美人だけど光るものがないとか、スタイル抜群だけど、ただそれだけとかね。

やっぱりテレビで活躍するには、相当な魅力がないとだめなんだよ。

華やかな世界

結衣というAV女優は、かつてレースクイーンを目指していた女の子だった。

元レースクイーンというのはAVでは珍しくて、ちょっとだけ注目されたけど、あまり売れなかった。

まぁ、彼女の場合はレースクイーンとしてもイマイチだったからねぇ。

レースクイーンを辞めてOLになってから、今度はAV女優になるという、変わった経歴の持ち主だった。

一度華やかな世界を見てしまうと、普通のOLの生活では満足できないらしい。

男でも女でも、派手な生活が身に着くと、滋味な生活に戻れない人がいる。

結衣ちゃんもそうだったけど、こういう女って、金回りのいい男から男を渡り歩くんだよな。

彼女には当時パトロンがいて、その男の紹介でAV女優をやることになったようだ。

もしかすると、結衣ちゃんは男にだまさていたのかもしれない。

そういう女の子って、たいてい頭悪いんだよね。堅実な考え方ができないんだ。

だから、あと先のことも考えないでAVもやっちゃうわけだ。

まぁ、彼女のような女の子がいるから、AVの世界も成り立つんだけどね。

オッパイに触らせてくれる女の子

この結衣ちゃんが超巨乳だった。

しかも、そのへんをノーブラで歩くから、胸がユサユサ揺れて、周りの男がみんな振り向くんだよね。

僕はあまり巨乳好きではないけど、それでも目の前でオッパイが揺れれば見てしまうし、触りたくもなる。

ところで、結衣ちゃんはおさわりOKだったんだよ。
信じられないだろ。

スタッフなら誰でも触らせてくれたから、僕もオッパイを揉ませてもらったことがある(笑)

AV女優にはときどきいるんだよ、そういうサービス精神旺盛な女の子が。

やっぱり男には得な業界だな。

普通の会社なら、OLのオッパイを揉むなんてありえないからな。

巨乳をいかした撮影方法

結衣ちゃんのオッパイはとにかく柔らかくて、揉み心地がよかった。

今でいえば、たぶんFカップくらいあったと思うけど、当時はそんなサイズはなかったよ。

彼女のウリはこの巨乳だから、撮影ではやっぱり胸のアップが中心になる。

正常位のシーンでは、男優は気をきかせて体を離してセックスする。

そうすると、男優が突き入れるたびに、オッパイがプルンプルン揺れるシーンが撮れるわけだ。

結衣ちゃんのオッパイは、仰向けに寝ると胸の両側に垂れるくらい大きかったから、それが揺れると圧巻だった。

それは騎乗位でも同じで、下から男優に突き上げられて、オッパイが上下にバウンドしていたっけ。

四つん這いになると、今度は乳首がシーツにつくくらい垂れ下がってさ。

バックから突かれると、垂れたオッパイが前後にブランブラン揺れて、もうエロいのなんの(笑)

とにかく、ビジュアル的にはかなりいいものを、撮らせてもらったよ。

だけど、それが売れるかというと、またそれは別の問題なんだよ。

確かに1本目はそこそこ売れたようだけど、すぐに飽きられて2本目は全然だめだった。

その後、彼女はいつの間にかAV業界から姿を消したけど、それからどうしたのかはわからない。


文|工藤タツオ(AVカメラマン)

このコラムを書いた人

工藤タツオ(AVカメラマン)

AVカメラマンの経験がある異色のライター。現在はアダルト小説と サブカル記事を書いているが、アダルトネタはAV撮影時代の経験を元にしたものも少なくない。

工藤タツオ(AVカメラマン)

関連するその他の記事