大阪ぽっちゃり巨乳専門・ピンクの仔豚

2017年 11月 22日

597

日本総巨乳時代到来か!?ついにAカップがFカップに抜かれる?

石川自転車

-この記事を読んでる人におすすめのお店- PR
http://www.true-esthe.com/
 

KAJFQONN.jpg

▲ぷるるんGANG Fカップ嬢「まゆ」
http://www.pururungang.com/

トリンプ・インターナショナル・ジャパンの調査によって、日本の女性が巨乳化してきている、ということが判明しました。ある人によっては喜ばしいニュース。そしてある人にとっては冷や汗の出るニュースかもしれません。いかにして日本のおっぱいが大きくなり続けているのか・・・今回はその動向を探ります。

Dカップの台頭とFカップの逆襲!?

以前の記事(注:別サイトです! http://www.tekoki-fuzoku-joho.com/column/667)では、都道府県別のおっぱいマップというものをご紹介しました。ここでは、全体的にB~Cカップが多いという結果をお伝えしていたのですが、最近になりこの状況が変わってきているようです。2015年7月に女性下着メーカーのトリンプ・インターナショナル・ジャパンがホームページ内で発表した調査では、驚くべき結果が示されました。

なんと2014年のカップブラのサイズ別売上では、それまで上位を独占していたCカップがDカップに追いつかれ、それぞれが上位を占めるようになっているようです。さらに、以前までは少なかったFカップが6.0%という高ポイントを獲得し、Aカップの5.3%を上回ったのだとか。

これは明らかに、日本人女性が巨乳かしている、という傾向の表れでしょう。日本人は貧乳が多い、という常識を覆しかねない結果とも言えます。

日本のおっぱいの歩み

では時系列順に、どのような経緯で日本女性が巨乳になっていったのかをご紹介していきましょう。まず1980年~1992年までは、カップブラのサイズはその大半がAカップだったそうです。この時代は貧乳娘が多かったのですね。

しかし、1980年~2000年になると、徐々にBカップがその存在感を高めていき、ついにはAカップを追い抜く形に。とは言えしょせんはBカップ。まだまだ日本貧乳時代は継続していると言えます。

その時代を変えたのは2008年からでした。ここに来て、Cカップの売上が勢いを増し、ついにはBカップを超える結果に。その後今日に至るまで、首位を独走していたようです。

そして前述もした通り、2014年にはついにDカップがCカップに追いつきます。昭和生まれの筆者からするとDカップは十分巨乳。“ちょうどいいCカップ”の時代は終わりを迎え、“でっかいDカップ”が街に溢れるようになりました。

貧乳を堪能するなら今のうち?

どういった要因があるのかはわかりませんが、明らかに日本は巨乳化への道を歩み出していることが今回の調査でわかりました。風俗業界で言えば、今後は巨乳の嬢が増えていくことが予想されます。おっきなおっぱい好きな男性には朗報ですね。逆に、貧乳に価値を見出す層にとっては危機的な状況かもしれません。もしも“ちっぱい”を売りにする風俗嬢を見かけたら、今のうちにそのまな板を体感しておいた方が良いでしょう。


文|石川自転車


↓↓↓マニアックスライター陣もそこそこ出会えてる「PCMAX(ピーシーマックス)」は累計会員数900万人の大手老舗出会い系。
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX


白い巨乳 鶯谷店
ウルトラの乳大阪店
ミスユニバース
熟れ女接吻ヘルス 女の愛情

このコラムを書いた人

石川自転車

インターネットと自転車が趣味のオールジャンルライター。とは言え基本的には興味深い・笑えるネタを中心に書いています。風俗の街、札幌出身。

石川自転車

関連するその他の記事

あなたにオススメのお店