2018年 01月 16日

1863

女の子の『巨乳コンプレックス』って本当にあるのか?

つかもとまさし

-この記事を読んでる人におすすめのお店- PR
https://s-cocomero.jp/
 

PXYWWARP.jpg

▲巨乳の持ち主以外入店不可!
『錦糸町ミルク』のえるちゃん(Fカップ)
http://www.milkpai.com/girls/

巨乳の女子が「胸が大きいことがコンプレックス」、なんて語っている例をよく見かけます。男性からすると、大きいおっぱいは大変好ましいばかりか、郷愁やロマンを感じさせることも少なくありません。女子が語る「巨乳コンプレックス」は本当なのでしょうか。とある調査で、「巨乳の人に実際のところを聞いてみた」、というデータが存在していました。

25%程度が「自分は巨乳だと思っている」

まずは巨乳の割合なのですが、あくまでも女子の自己申告または「思い込み」といったところでは、およそ四人に一人ですから、25%程度の女子が、「人より胸が大きい」、と感じているようです。25%という数字、男性目線からすると、体感的には「まあ、それくらいの頻度かな」、というところで、割と納得できる線です。また、巨乳コンプレックスの原因としては、「かわいい既製服が気軽に着れない」、「肩幅に合わせると胸が合わない」、「ブラが高い」など、服に関する声(20%程度)や、「頭が悪いと思われる」、「肩がこる」、「走るとき邪魔になる」(30%程度)といった身体的なものが多く見られます。

コンプレックスの原因トップはは「太って見えること」

ランキング上位は三つ(これらでほぼ50%)、「初対面の男性に、あからさまに胸を触っていいか聞かれる」、「男性の目線がいつも胸に注がれる」、そして最も多いのが「デブに見られる」こと、とのことです。男性からすると、少々ブスでも巨乳であればかなりのアドバンテージがある、と感じるのですが、女子としては男性目線よりも、やはり自分自身の評価としての体形が、最も気になるところのようです。

母性や癒しを感じる巨乳

男性からすれば、(女子には申し訳ないのですが)巨乳コンプレックスをもっていようがもっていまいが、巨乳は母性や癒しを感じる存在であり、パンチラなどと同様に、どうしても目が行ってしまうものです。ガンガン視線を送ってひんしゅくを買う例も多々あるかと思いますが、(男性側からの勝手な解釈として)女子にも「見られてなんぼ」的なところも多分にあるかと思われます。「四人に一人」という頻度の巨乳を眺めすぎて、どうにも収まりがつかなくなった場合には、男性には巨乳を思う存分楽しめる「巨乳風俗」という選択肢がありますので、安心して巨乳を楽しんで良さそうですね。


おっぱいを愛する全ての男性へ・・・
おっぱい専門イメクラ『錦糸町ミルク』
http://www.milkpai.com/girls/


文|つかもとまさし

マニアックスのユーザーさんが入り浸る本物の出会いサイト

マニアックスからの登録者数の実績順です。

1位 PCMAX(R18)
エロの出会い実績は全国でダントツの最強サイト
マニアックスから3442人登録(女性は614人)

2位 華の会メール(R18)
中高年の会員が多くユーザー満足度が男女とも高い
マニアックスから273人登録

3位 ワクワクメール(R18)
若い女性狙いならここがおすすめ
マニアックスから216人登録

4位 サンマルサン(R18)
パパ活系の定額サイトのため、パートナーが見つかる可能性はかなり高い
マニアックスから131人登録

5位 ミントC!Jメール(R18)
後発のため女性集客に力を入れていてライバルが少ないのが狙い目
マニアックスから45人登録

出会いのコツ

年齢認証は必ず行いましょう。登録だけだと出会いに必要なほとんどの機能が使えません。また初回ポイント購入もおすすめです。無料ポイントが加算されて出会いの可能性が向上します。

この記事もオススメ!

⇒ 出会い系サイトでの即エッチする方法とオススメのサイトBEST3

⇒ 女性専用風俗を体験してみたよー。女性用性感マッサージ店の流れと内容を知っておこう。

⇒ 素人の私が趣味でやっている女性向け性感エロマッサージで実際にセックスまでしている話

⇒ 無料風俗で手コキを体験してみたら…ド素人なのにプロレベルの痴女でした

⇒ セフレや即セックス相手が今日見つかる!オッサンでもできるネットナンパ【すべて体験済】

⇒ アラフォー非モテの僕が出会ったその日にセックスできるようになった方法

あなたのアダルトコラム、エッチな体験談、風俗体験レポートを掲載してみませんか?

風俗体験レポートから個人な性癖まで、エロで下世話なネタを掲載します。特に面白い投稿には謝礼が発生します!
無料ユーザー登録してみる!

当コラムコーナーは、エッチな体験談から官能小説まで、実話もフィクションも入り混じっています。読み物としてお楽しみいただく目的で掲載しており、記事の行為を推奨したり、犯罪を助長するものではありません。

このコラムを書いた人

つかもとまさし

下世話なニュースを拾って記事にするのが趣味

つかもとまさし

関連するその他の記事