大阪ぽっちゃり巨乳専門・ピンクの仔豚

2018年 02月 26日

978

人間だけの特権。なんのために巨乳おっぱいが存在する?

つかもとまさし

-この記事を読んでる人におすすめのお店- PR
http://gotanda-bbw.net/
 

GCNQNLHG.jpg

▲そんな事はいいから、白いおっぱいを揉みたい。虹色メロンパイのいよ
http://yokohama.pie-gr.com/main.php

男性にとって、おっぱいが性的興奮を喚起することはもはや常識的なことで、なかでも大きいおっぱいは、巨乳や爆乳、超乳などと呼ばれて「良いもの」とされ、パーツとして特におっぱいが好きな男性は、「おっぱい星人」や「巨乳フェチ」といった呼称で親しまれています。ところが「ふくらんだおっぱい」という概念は、実は人間だけのものなのです。

おっぱいが大きくなるメカニズム

女性は、生まれた時からおっぱいが大きいわけではないことは、周知のとおりです。思春期前後に性徴期(一説によると早い場合には7〜8歳、遅くとも11〜12歳ころ)と呼ばれる時期があり、このあたりからおっぱいが大きくなってきます。性徴期までは男女差として大きな外観の差はないのですが(特に着衣状態だと、「スカートをはいているか否か」程度の差しかありません)、おっぱいによって大きく違って見えるようになります。

人間だけにある巨乳や爆乳

おっぱいの生物学的なもともとの目的は、「哺乳類として母乳を分泌させ、子供に与えること」で、おっぱいとは乳頭を含む土台のやわらかい隆起全般を指しているのですが、この「隆起(つまりおっぱいがふくらんでみえること)」は、哺乳類全般にみられる特徴ではなく、ほとんどの哺乳類は、授乳時に乳頭があらわれることによってなんとか「おっぱいである」とわかる程度のものであり、人間だけがあの「たわわな隆起」を持っている、とのことです。「爆乳のサルやウシ」という生き物は存在しません。

直立二足歩行でもわかりやすい「準備OK」

それではなぜ人間だけがおっぱいがふくらんでいるのでしょう。原因には諸説ありますが、有力なのは「視覚的にわかるようにした説」です。北京原人やクロマニヨン人といったいわゆる「原人」はおっぱいがなかったので、ほかの動物のように「メスがオスを受け入れられる状態(いわゆる発情期)」かどうかの判別方法として、「独特のニオイを出す(ライオン)」や「お尻が充血する(サル)」という方法を使っていたのですが、人間は二足歩行で、かつ考えたり服を着るようになったりしたため、別の方法をとる必要があったのです。このため「おっぱいがふくらんだ」といいますから、おっぱい好きの欲求は、生物学的には「至極正常」といえそうです。


文|つかもとまさし


↓↓↓マニアックスライターがエロ記事ネタ作りに使ってるサイト。ぜひ体験談を編集部までお送りください!
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

ハッピーメールバナー


白い巨乳 鶯谷店
ウルトラの乳大阪店
ミスユニバース
熟れ女接吻ヘルス 女の愛情

このコラムを書いた人

つかもとまさし

下世話なニュースを拾って記事にするのが趣味

つかもとまさし

関連するその他の記事

あなたにオススメのお店