大阪ぽっちゃり巨乳専門・ピンクの仔豚 モンロー

2016年 12月 26日

116

絶滅危惧種なのか否か?エロ本の起源と現在

つかもとまさし

-この記事を読んでる人におすすめのお店- PR
http://www.love32-chanko.com/
 

ROVFDAMI.jpg

現在のようにインターネットやDVDなどが普及していなかった頃、「エロ本」という媒体がメインストリームに据えられていたことがありました。今では考えられないのですが、「エロといえば出版物」という、そんな時代があったのです。

古くは江戸時代の春画まで遡る

いつの時代もエロい欲望は蠢動していたはずのなので、厳密には「紙や石、木の板などに書かれたエロい絵や文章」は、はるか昔から存在していたと思われますが、エロ本の実質的な元祖は、「江戸時代の春画」ではないでしょうか。江戸時代の浮世絵師である有名な葛飾北斎は、数々の春画(女性がタコとプレイしていたり、のぞきや乱交などのエロいシチュエーションの絵)を残しており、江戸時代の庶民は、これらを「エロ本(厳密には「エロ画」)として楽しんでいた、と思われます。

戦前戦後にもエロ本が人気

明治時代に入って、エロ本というにはやや学術的な「造化機論」という本(精子や卵子を解説したような、上品な本だったようです)にはじまり、第二次世界大戦の前後には、検閲などで自由に流通しなかった時期があるものの、既に猟奇的なものや、いわゆる変態な世界観に関する出版物も、次々と出版されていきました。ライトなエロを取り扱った週刊誌(今でいう「オヤジ週刊誌」の元祖)も、次々と出版されていきました。

今も根強く残るエロ本

その後70年代から80年代には、官能小説といわれるエロ小説や、立ち読み防止でビニールに入れられていたビニ本、裏ルートでしか流通しなかった裏本などの時代を経て、現在もエロ小説や、過激な性描写を含むレディースコミック、同人誌など、出版物の形態を持ったエロは、根強い人気を保っています。「紙媒体でないとヌケない」といった性癖は、マニアだけのものではなく、エロの世界では普遍的な概念のひとつではないか、といえそうです。


文|つかもとまさし

娘悪魔天使
ウルトラの乳大阪店
ミスユニバース
熟れ女接吻ヘルス 女の愛情

このコラムを書いた人

つかもとまさし

下世話なニュースを拾って記事にするのが趣味

つかもとまさし

関連するその他の記事

あなたにオススメのお店