2020年 01月 16日

386

絶滅危惧種なのか否か?エロ本の起源と現在

つかもとまさし

-この記事を読んでる人におすすめのお店- PR
https://i-cocomero.jp/
 

ROVFDAMI.jpg

現在のようにインターネットやDVDなどが普及していなかった頃、「エロ本」という媒体がメインストリームに据えられていたことがありました。今では考えられないのですが、「エロといえば出版物」という、そんな時代があったのです。

古くは江戸時代の春画まで遡る

いつの時代もエロい欲望は蠢動していたはずのなので、厳密には「紙や石、木の板などに書かれたエロい絵や文章」は、はるか昔から存在していたと思われますが、エロ本の実質的な元祖は、「江戸時代の春画」ではないでしょうか。江戸時代の浮世絵師である有名な葛飾北斎は、数々の春画(女性がタコとプレイしていたり、のぞきや乱交などのエロいシチュエーションの絵)を残しており、江戸時代の庶民は、これらを「エロ本(厳密には「エロ画」)として楽しんでいた、と思われます。

戦前戦後にもエロ本が人気

明治時代に入って、エロ本というにはやや学術的な「造化機論」という本(精子や卵子を解説したような、上品な本だったようです)にはじまり、第二次世界大戦の前後には、検閲などで自由に流通しなかった時期があるものの、既に猟奇的なものや、いわゆる変態な世界観に関する出版物も、次々と出版されていきました。ライトなエロを取り扱った週刊誌(今でいう「オヤジ週刊誌」の元祖)も、次々と出版されていきました。

今も根強く残るエロ本

その後70年代から80年代には、官能小説といわれるエロ小説や、立ち読み防止でビニールに入れられていたビニ本、裏ルートでしか流通しなかった裏本などの時代を経て、現在もエロ小説や、過激な性描写を含むレディースコミック、同人誌など、出版物の形態を持ったエロは、根強い人気を保っています。「紙媒体でないとヌケない」といった性癖は、マニアだけのものではなく、エロの世界では普遍的な概念のひとつではないか、といえそうです。


文|つかもとまさし

マニアックスのユーザーさんが入り浸る本物の出会いサイト

マニアックスからの登録者数の実績順です。

1位 PCMAX(R18)
エロの出会い実績は全国でダントツの最強サイト
マニアックスから3442人登録(女性は614人)

2位 華の会メール(R18)
中高年の会員が多くユーザー満足度が男女とも高い
マニアックスから273人登録

3位 ワクワクメール(R18)
若い女性狙いならここがおすすめ
マニアックスから216人登録

4位 サンマルサン(R18)
パパ活系の定額サイトのため、パートナーが見つかる可能性はかなり高い
マニアックスから131人登録

5位 ミントC!Jメール(R18)
後発のため女性集客に力を入れていてライバルが少ないのが狙い目
マニアックスから45人登録

出会いのコツ

年齢認証は必ず行いましょう。登録だけだと出会いに必要なほとんどの機能が使えません。また初回ポイント購入もおすすめです。無料ポイントが加算されて出会いの可能性が向上します。

この記事もオススメ!

⇒ 出会い系サイトでの即エッチする方法とオススメのサイトBEST3

⇒ 女性専用風俗を体験してみたよー。女性用性感マッサージ店の流れと内容を知っておこう。

⇒ 素人の私が趣味でやっている女性向け性感エロマッサージで実際にセックスまでしている話

⇒ 無料風俗で手コキを体験してみたら…ド素人なのにプロレベルの痴女でした

⇒ セフレや即セックス相手が今日見つかる!オッサンでもできるネットナンパ【すべて体験済】

⇒ アラフォー非モテの僕が出会ったその日にセックスできるようになった方法

あなたのアダルトコラム、エッチな体験談、風俗体験レポートを掲載してみませんか?

風俗体験レポートから個人な性癖まで、エロで下世話なネタを掲載します。特に面白い投稿には謝礼が発生します!
無料ユーザー登録してみる!

当コラムコーナーは、エッチな体験談から官能小説まで、実話もフィクションも入り混じっています。読み物としてお楽しみいただく目的で掲載しており、記事の行為を推奨したり、犯罪を助長するものではありません。

このコラムを書いた人

つかもとまさし

下世話なニュースを拾って記事にするのが趣味

つかもとまさし

関連するその他の記事