大阪ぽっちゃり巨乳専門・ピンクの仔豚 モンロー

2017年 04月 12日

83

嫌いな人はいない?おっぱい祭りイベントを考察する

つかもとまさし

-この記事を読んでる人におすすめのお店- PR
http://melon5080.com/?sn=0001076
 

HOCQJMEH.jpg

近年バラエティの世界でも「ぱいぱいでか美」という芸名で活躍しているアイドルが存在しているように、巨乳やおっぱいは、かなりオープンな存在になりつつあります。この人気のキーワードに、さらに「祭り」という言葉がついた「おっぱい祭り」と聞いて、多くの男性は、なんらかの期待感を持ってしまうことでしょう。おっぱい祭りは、意外に手の届くところで開催いるのです。

「おっぱい」の奥深さ

「おっぱい」という言葉の響きには、性的なものを超えた、普遍的絶対的な孤高の存在感を感じますが、これは、物心ついていないころから吸ったり揉んだりしていることと、無関係ではないようにも思えます。いずれにせよ、完全に物心ついてから(というよりもむしろセックスを意識するようになってから)でないと明確に意識しないヴァギナなどと比較すると、永遠かつ身近な性具である、といえます。

キャバクラや風俗店の祭りの一種

おっぱいをモチーフとしたイベントとして、たとえばキャバクラやセクキャバの水着デー、コスプレイベントだったり、風俗店の各種サービスデー、おっぱいオプション無料デーなどがありますが、シンプルかつ最強のおっぱい関連イベントといえば、やはり「おっぱい祭り」ではないでしょうか。短いキーワードの中には、妄想や期待値がぎっしりつまっていることが、容易に想像できます。

相当期待できそうなおっぱい祭り

関西にある「ウルトラの乳」というお店では、期待の「おっぱい祭り」を擁しています。風俗業界におけるおっぱい祭りは、ほとんど「だんじり」や「花火大会」に匹敵するほどの普遍性・社会性を持っている、といえるものですが、このお店のおっぱい祭りはルックスといい、ボン・キュッ・ボンの徹底といい、かなり期待できそうです(おっぱい祭りデーのサービスの一例として、「50%オフ」がありますが、コスト的にも触手が動きます)。とりあえずはちょっと覗いてみるところから始めてみましょう。


文|つかもとまさし

娘悪魔天使
白い巨乳 鶯谷店
ミスユニバース
熟れ女接吻ヘルス 女の愛情

このコラムを書いた人

つかもとまさし

下世話なニュースを拾って記事にするのが趣味

つかもとまさし

関連するその他の記事

あなたにオススメのお店