2017年 06月 02日

6115

【激安】他にはない衝撃!新境地「クンニ特化型風俗」とは何か。『新橋C-スタイル 』

つかもとまさし

-この記事を読んでる人におすすめのお店- PR
https://moerin.net/
 

TWKJOGKA.JPG

風俗ジャンルの細分化が進む中、オナクラや膝枕、耳かき、作業所など、ひと昔前までは存在しなかったような風俗や、(厳密には風俗ではないものを含めて)それに準ずるサービスが、たくさん存在しています。しかし風俗ジャンルは、そもそも人間の欲望に応じて際限なく広がっていくものであり、現在も「ありそうでないもの」はまだまだ存在するのではないか、と思われます。そんな中新橋に「即クンニ専門」という、目新しい方針を打ち出しているお店が存在しています。

C−スタイルという名称

新橋にある「C−スタイル」( http://kunnin.jp/)というお店は、キャッチフレーズとして「即クンニ&顔面騎乗専門店」をうたっており、これまであまり見かけなかったという意味では、「ありそうでなかった特化型風俗」のひとつとしてカウントできそうです。これまでもソープやピンサロを中心に、「即尺」という概念はあったものの、あくまでも「サービスを提供する側」目線での方式のひとつであり、お客側からすると「受動的」なサービスであったのですが、今回C−スタイルが提示している「即クンニ」は、単に目新しいだけではなく、お客側が「能動的である」ことが求められるという、サービススタイルとしての「新境地」である、ともいえます。

サービスの在り方を考えさせられる形態

ホームページ上ではいくつか「ならでは」を思わせる写真が掲載されていますが、解説文では「男の顔面を玩具に自分を慰める美少女たち」、「パンティごしに強く股間を顔に擦り付けられもがく男」、といった倒錯的な文言が踊っています。フェラ同様に、クンニは「されるほうが気持ち良い」ということが主体のはずなのですが、「する方をサービスとして提供」し、結果的に「もがく」ことになる、しかも「それを望んでいる層に訴えかける」というスタイルは、風俗の今後における無限の拡張性すら感じさせるものです。

マニアックなオプションも多数

全体感としては、ホームページの文言にあるとおり、まさに「お○んこだけあればよい」という感じで、胸や脚といった、局部以外の嬢のパーツは強調されておらず、マニアックさを際立たせています。夜這いや痴漢といった、非日常的な欲求を補完するためのオプションも豊富に用意されており、イメクラの進化系としても、期待は高まるばかりですね。


新橋C-スタイル
公式ページ: http://kunnin.jp/
紹介ページ: http://www.gekiyasu-fuzoku-joho.com/shop/307


文|つかもとまさし

マニアックスのユーザーさんが入り浸る本物の出会いサイト

マニアックスからの登録者数の実績順です。

1位 PCMAX(R18)
エロの出会い実績は全国でダントツの最強サイト
マニアックスから3442人登録(女性は614人)

2位 華の会メール(R18)
中高年の会員が多くユーザー満足度が男女とも高い
マニアックスから273人登録

3位 ワクワクメール(R18)
若い女性狙いならここがおすすめ
マニアックスから216人登録

4位 サンマルサン(R18)
パパ活系の定額サイトのため、パートナーが見つかる可能性はかなり高い
マニアックスから131人登録

5位 ミントC!Jメール(R18)
後発のため女性集客に力を入れていてライバルが少ないのが狙い目
マニアックスから45人登録

出会いのコツ

年齢認証は必ず行いましょう。登録だけだと出会いに必要なほとんどの機能が使えません。また初回ポイント購入もおすすめです。無料ポイントが加算されて出会いの可能性が向上します。

この記事もオススメ!

⇒ 出会い系サイトでの即エッチする方法とオススメのサイトBEST3

⇒ 女性専用風俗を体験してみたよー。女性用性感マッサージ店の流れと内容を知っておこう。

⇒ 素人の私が趣味でやっている女性向け性感エロマッサージで実際にセックスまでしている話

⇒ 無料風俗で手コキを体験してみたら…ド素人なのにプロレベルの痴女でした

⇒ セフレや即セックス相手が今日見つかる!オッサンでもできるネットナンパ【すべて体験済】

⇒ アラフォー非モテの僕が出会ったその日にセックスできるようになった方法

あなたのアダルトコラム、エッチな体験談、風俗体験レポートを掲載してみませんか?

風俗体験レポートから個人な性癖まで、エロで下世話なネタを掲載します。特に面白い投稿には謝礼が発生します!
無料ユーザー登録してみる!

当コラムコーナーは、エッチな体験談から官能小説まで、実話もフィクションも入り混じっています。読み物としてお楽しみいただく目的で掲載しており、記事の行為を推奨したり、犯罪を助長するものではありません。

このコラムを書いた人

つかもとまさし

下世話なニュースを拾って記事にするのが趣味

つかもとまさし

関連するその他の記事