大阪ぽっちゃり巨乳専門・ピンクの仔豚

2017年 06月 19日

224

【僕の彼女は風俗嬢16】ついに恐れてた事態に!風俗嬢彼女の性病!

オオカミ成人

-この記事を読んでる人におすすめのお店- PR
http://ugu.siroi-boin.jp/
 

XQWVOJPX.jpg

こんにちは、オオカミ成人です。風俗を利用する上でお客さんも嬢も、1番に気をつけなければならない物が性病の存在ですよね。
しかし、いくら気をつけていたとしても、その甲斐虚しく感染してしまう事もあります。今回は僕の風俗嬢彼女が性病になってしまった時の事を書き記して行きたいと思います。

痒みと若干の腹痛?

ある日の午後、いつもの様に僕と彼女はネトゲでペアハントを楽しんでいました。
ペアハントの合間にチャットをし、飽きないようにプレイをするのが僕達のスタイルで、この日も合間合間に会話を挟んでいた際に「今朝からオリモノの量が多くて・・・なんか色も変なの」と。
彼女の口(正確には指ですが)から"如何にも"な内容が飛び出しました。
他に何か変わったことはないか聞いてみると、若干の腹痛と陰部に痒みがあるとの事で・・・。
ちょっと待て・・・お前それはもうほぼ間違いなく性病だろ・・・。
「性病の疑いがあるから、出来れば今からでもいいから産婦人科に行った方がいい」と促して見る。
するとどうやら彼女は"ガンジダ"を疑っていたらしく、明日にはどのみち産婦人科を受診しようと思っていたそうな。
確かに症状は類似しているものの、ガンジダによる腹痛というのは非常に稀なケースであり、痛みに敏感だったり、生理痛が重い女性以外は基本的にガンジダによる痛みを感じないものである。
そもそもガンジダは世間的に誤解されがちではあるが、性病ではない。女性なら誰でも持っている常在菌が元で、日常の疲れやストレス等から抵抗力が落ちる事で発症する病気である。
彼女はガンジダに対する正確な情報を理解しているため、今回もあまり深く考えず「またなっちゃったー」くらいの感覚だったのである・・・ところが。

感染率No1!痛みの正体はクラミジア!

翌日産婦人科を受診し、診察を終えた彼女から連絡が来る。
普段ならメールで絵文字なんかを使って連絡を寄越してくる彼女で、電話をかける際は一度メールを送り、かけても大丈夫かどうかを確認してから電話してくるのだが・・・この時は直電である。
電話にでるなり彼女は涙声で「性病だったあぁぁぁ(泣)」と、若干取り乱しガチ。病名は何かと聞いてみると、2つ発症しており、1つは彼女の思惑通りガンジダだったのだが、もう1つは感染率No1の性病クラミジアである。
何となく僕は察しがついて居たので、別段驚くことも無かったのだが、意外にも彼女がかなり取り乱している。
普段何かしらの問題が起こった時、冷静に対処できる面を持っている彼女を知ってるだけに少々面白い。
クラミジアは近年、10〜20代の発症者が最も多い性感染症であり、男性でもこれが原因で泌尿器科を受診する人は多く、実際に僕の知り合いも数名泌尿器科にお世話になった事がある。
症状としては女性の場合は腹痛やオリモノの増加等が代表的であり、時に性交後に少量の出血を起こす事もあるのだとか。
彼女の症例からして、初期症状の早期発見は明白ではあったものの・・・取り乱す彼女が余りに面白かったのでちょっと脅しをかけてやることに。
「クラミジアはね、子宮内膜や卵管、果ては腹腔内にまで感染拡大する事もあって、そこから様々な炎症を起こす原因になる病気なんだよ?」
「それらの炎症がもっと奥まで進行して腹膜炎を起こすと、最悪救急車に乗る事になるし、もし治療ができたとしても不妊になる事も珍しくないんだってさー」
以上の事柄は何も間違った情報では無いが、今回の彼女の場合は"どう考えても"上記のようなことになる可能性は微塵も無い。
しかし、それを聞いた彼女の口数はどんどん弱まり、言葉は途絶え、嗚咽と咽び泣く声が聞こえてくる。
これを可愛いと思ってしまう僕は多分・・・いや、かなりの変人なのだろう。
ある程度脅かした後はちゃんと状況を説明し、現在の彼女の状況では上記のような事には成らないことを伝えてあげる。
その反面、もし今回産婦人科から貰った薬を服用し忘れたり、今後の定期通院をサボった場合は"上記のようなリスク"がある事を再度伝えておく。
皆さんも、もし、自分や自分の彼女に性病の疑いがある場合は、速やかに最寄りの産婦人科もしくは泌尿器科を受診しましょう!


文|オオカミ成人


↓↓↓マニアックスライター陣もそこそこ出会えてる「PCMAX(ピーシーマックス)」は累計会員数900万人の大手老舗出会い系。
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX


白い巨乳 鶯谷店
ウルトラの乳大阪店
ミスユニバース
熟れ女接吻ヘルス 女の愛情

このコラムを書いた人

オオカミ成人

ある時は若手バンドマン、ある時は酒の飲めないバーテンダー、しかしその実態は20代後半のネトゲ廃人。人生の殆どをオンラインゲームに費やしてきた、恐らく日本一怠惰な男です。イラストは自作。

オオカミ成人

関連するその他の記事

あなたにオススメのお店