大阪ぽっちゃり巨乳専門・ピンクの仔豚 モンロー

2017年 07月 12日

17

【出会いツールの美女たち】松本伊代に激似!アイドル顔した女-テレクラ-

中川デイブ

-この記事を読んでる人におすすめのお店- PR
http://www.love32-chanko.com/
 

QLOTEAAL.jpg

「美女との遭遇シリーズ」は、今回もまたテレクラが舞台です。一番ハマり込んだ遊びなので、その辺はジジイの昔話として寛大な心を持って読んでやっておくんなさい!

鼻にかかった声からして“松本伊代似”。「見た目も似てるって…」

私は日曜日は滅多にテレクラには行かないのだけれど、その日は見事なまでに何もする事がなくて、いつもの埼玉県S市のテレクラ「C」に行きました。

空は晴れ渡っているのに、何となく個室に入ると落ち着きます。これはもう、良く言えば“職業病”、フツーに言うと単なる“ビョーキ”ですね。
と言いつつコールが来ました。ここは、早取り制なので結構鍛えられましたよ。電話を取らない事には、何も始まらないんですからねぇ。他店での争奪戦に役立ちました!

話しているとB子ちゃん(26歳・フリーター)の声が鼻にかかっていて、当時は既にヒロミと結婚してミセスだった松本伊代ちゃんに似ています。
「会ったら分かっちゃうけど、見た目も伊代ちゃんに似てるんだよ、フンフン~」とデビュー曲「センチメンタル・ジャーニー」を鼻歌しています。

私の持論からすると多分、本当に似ているんだと思いました。それは、“姿が似ていると声帯も同形状な事が多く、声も似てくる”というものです。
医学的根拠は全くないのですが、私は今でもこの説を唱えています(笑)。

で、待ち合わせる事になったのですが、ここで失態をおかしてしまいました。場所を首都高速の「入谷」ランプ近辺にしたのですが、私は台東区の「入谷」に行ってしまったんですよ。
どうりで、周りを見てもソレらしい女のコがいないわけです。それで、「もしや!」と気づいて愛車・カマロを足立の方へ向き直しました。
ケータイのない時代は、こういう時に不便なのですが当時は、こういうのも当たり前にあったわけで、取り敢えず行ってみる事にしたんですよ。

50分の遅刻にも寛大な伊代ちゃん。でも、なぜか友達も一緒!?

結局、約束よりも50分遅れで、目的地に着くも誰もいません。当然ですよね。「とりあえず、自分を納得させるために来ただけだから」と自分を慰めて帰ろうとすると、
「遅いよーっ。スッポカシかと思ったよ」と声がします。これは、あくまで想像ですがB子ちゃんの部屋は、私がクルマを停めるように指示された場所を見張れる所だったのでしょう。
「悪い、悪い。違う「入谷」に行っちゃってさ、ホントだよ」と、非を詫びます。
「いいよ。いいよ。それよりも友達も一緒なんだけど、いいでしょ?」と明るく笑っていました。それにしても、マジでよく似ています。モノマネ番組にで出られるレベルと言ったら分かりやすいでしょうか。
生足にデッキシューズ、白のショートパンツに水色のパーカーがよく似合っています。友達(仮にC子ちゃんとしましょう)も、そこそこ可愛いのですがB子ちゃんの前では霞んでしまう程です。

その二人を乗せて軽くドライブなのですが、二人とも後部シートに座っています。私、こういうの“嫌い”です。お互いにナビ・シートを避けて譲り合っているのが感覚的に分かるんですよねぇ(泣)。

それに話しがH方向に向かうと「私は何もしないけど、ホテルには一緒に入るよ。心配だから」とオマケで付いて来たC子が場を仕切ろうとしています。
「だったら、せっかく部屋に来るんなら3人で遊んじゃう?」と明るく持ちかけても、
「ムリなものはムリ!しつこいと、言いつけちゃうよ」とC子が続けます。

「お~、恐っ。言いつけるって誰に言うの?」と一応、聞いてみました。単純に興味がありましたし。
「誰って、店長とか店の常連さん。みんな、知ってるから」と自慢気です。私は、こういう風に“○○を知ってる”とか言って、軽く脅かしてくるような輩も嫌いなんですよねぇ。
「誰に言ってもイイよ。しまいには謝っちゃうから、あははは」と笑い
「シラけちゃったから、今日はHはナシにしようよ、B子ちゃん。またネ」と言ってデカい車体をタイヤを鳴らしながら強引にUターンさせました。

最初の待ち合わせ場所に来るとC子は無言で降りて去って行きました。B子ちゃんは、
「なんか、全然動じなくて、いいネ。中川サンはず~っと落ち着いててカッコよかったヨ!」だって。

「バイバ~イ」と手を振ってB子ちゃんも小走りに小路に消えて行きました。
「B子ちゃん、一人で来れば良かったのに」。
よくいますよね、学生時代なんかトイレにも一緒に行く女子って。あんな関係だったんじゃないでしょうか。
でも“逃がした魚は大きい”と言いましょうか、伊代ちゃんに見た目がクリソツで、性格も良かっただけに残念さもひとしおでした。

「太っているのに“痩せ我慢”」な日曜の午後のお話しです。


文|中川デイブ


↓↓↓マニアックスライター陣もそこそこ出会えてる「PCMAX(ピーシーマックス)」は累計会員数900万人の大手老舗出会い系。
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX


娘悪魔天使
白い巨乳 鶯谷店
娘悪魔天使
ミスユニバース

このコラムを書いた人

中川デイブ

手書き時代から様々な記事を書き散らかすのが好きな老ライター。「政治から風俗まで」が守備範囲だが、狭く浅いのが特徴。プライベートでは、デリよりもテレクラや「出会い系」を好む。52歳・現在独身。只今、花嫁熱烈募集中。

中川デイブ

関連するその他の記事

あなたにオススメのお店