大阪ぽっちゃり巨乳専門・ピンクの仔豚 モンロー

2017年 11月 08日

63

2センチ大の乳首肥大男。チクニー大好き変態チクニストとのプレイの全容

百花繚乱(アナルファッカー)

-この記事を読んでる人におすすめのお店- PR
http://www.o-deliclub.com/
 

VWTWBMPI.jpg

チクニー(乳首オナニー)というものが人気らしく、乳首専用の大人のおもちゃまであるらしいが、中でもものすごい変態の男性がいた。

出会いは勤めていた待ち合わせ型デリヘル。一見ごく普通のがっちりだが気の優しそうなサラリーマンに見えた。のだが。

男性との初めての出会い

その男性とプレイしたのは、横浜市内のホテルだった。

事務所からほど近い、わたしのお気に入りのきれいなホテルにお客がいると聞かされ、「どの部屋かな~」なんてルンルンで向かった。

ドアをノックして出てきたのは、物腰の優しそうな大柄がっちりのスーツ姿の男性。

部屋も今風のホテルで、インテリアが凝っていておしゃれだった。

男性がいい人そうだっただけに、「この仕事は普通に終われそうだな」とわたしは最初思っていた。

男性はブラジャーをしていた

シャワーを浴びるために男性のスーツを脱がそうとすると、男性はちょっと抵抗するそぶりを見せた。

どうしたのかと聞くと、自分で脱ぐから…と背を向けた男性はジャケットを脱ぎ、シャツをはだけた。

わたしは目を疑った。

がっちりしたその胸板には、さりげないレースのほどこされた、白いブラジャーが巻きついていたのである。

なんだ?女装子かオネエなのか?

乳首がとにかく長かった

その理由はブラジャーが外され、乳首があらわになるとすぐに合点がいった。

男性の乳首は、激しいチクニーで2センチ以上にまでぴょこんと肥大化していた。大きさではなく長さだ。

これでそのままシャツを着るわけにはいかないだろうな、と思えるほどその乳首は長かった。会社でこすれてこの乳首が勃起したらどえらいことである。

シャワーを浴びてプレイに入ったのだが、男性はチクニストだけに下半身はそこそこに乳首責めばっかりをお願いしてくる。

わたしは全長2センチの乳首をつねったり、強く吸ったり必死だった。女であるわたしに責められ勃起はしていたし、やっぱりオネエだとは思えなかった。

チクニーはほどほどに

求められるまま洗濯バサミ(彼が持参していた)で乳首を強くつまんで軽く手コキをしただけで、男性はほどなく射精に至った。

しかし、驚くべきはその長乳首。ビンビンになっているときはさらに伸び、本当に太いミミズかと思ったほどである。

添い寝をし、男性の告白を聞く。

中学生のころからペニスのオナニーよりも乳首に夢中で、どんどん長くなっていったが止められなかったこと。

結構な大きな会社に勤めているが、会社では夏でもジャケットを脱げない苦労があること。

デリヘル以外ではバカにされるのが恐ろしくて、彼女がいたことはないということ…。

ハードなチクニーはいまだ毎日おこなうそうで、チクニーってそこまで素晴らしいのかな?人生を変えるほどの快楽なんだろうか?などと、頭の中が「???」になってしまったわたしであった。

チクニストの皆さんも気持ちいいのは理解できるが、やりすぎでの肥大化にはどうぞご注意あれ。


文│百花繚乱(アナルファッカー)

娘悪魔天使
ウルトラの乳大阪店
娘悪魔天使
熟れ女接吻ヘルス 女の愛情

このコラムを書いた人

百花繚乱(アナルファッカー)

夢は文豪で500人超斬りの女版性豪。遅咲きの元風俗嬢。お下劣ショーパブからはじまり出会い系での売春、セクキャバ、本デリ、デリヘルなど多種多様の風俗経験あり。現在は旦那大好きなかわいい人妻。ちなみに家庭内アナルファックはやらない。

百花繚乱(アナルファッカー)

関連するその他の記事

あなたにオススメのお店