大阪ぽっちゃり巨乳専門・ピンクの仔豚

2018年 01月 29日

47

AV女優とアフターできる?AV女優専門キャバクラが存在した

つかもとまさし

-この記事を読んでる人におすすめのお店- PR
http://ultra-chichi.net/
 

AWMVJSNW.jpg

風俗とキャバクラ、両方とも「女の子と遊ぶ」という意味では同じジャンルである(両方とも種類は違えど風営法で定められている業態でもあります)といえるのですが、それぞれのお客、ファンとなると、必ずしも一致しているとは限らないもので、それどころか両者は相反している、との見方もできます。しかし、両方のファンともお世話になっているであろう存在が、たとえばAVだったりするのですが、なんと「AV女優だけが在籍しているキャバクラ」というハイブリッドな業態が、存在しているようなのです。

キャバクラとは日本語?

ちなみにキャバクラという言葉の語源は、フランス語のキャバレーと、英語のクラブをかけあわせた造語であり、カタカナではあるものの、「もはや日本語である」という説が正しいようです。1980年代、風営法が変わったあたりから台頭し始め、今や都市圏を中心に、ちょっとしたマイナーな駅の周辺にも普通に存在するという、よく知られた業態になっています。昔からあるパブやスナック、銀座などにあるクラブとの最大の違いは、「1時間いくら」という料金体系であることです。このシステムでは、時間を延長したり女の子を指名したり、さらに女の子が飲食したりすると別料金がかかるため、時にはとんでもない請求を食らったりすることが知られています。

AV女優専門キャバクラのシステムとは?

そして本題であるAV女優専門のキャバクラなのですが、「キャバ嬢が現役AV嬢、または元AV嬢」だけで構成されているというもので、六本木などに実在しています。「AV女優専門キャバクラ」と聞くと、なにやら通常の接客以上のサービスを想像してしまいますが、実態としてはれっきとした普通のキャバクラ(むしろ高級キャバクラの部類に位置付けられているようです)で、残念ながら風俗ファンが期待してしまうようなサービスシステムは、持ち合わせていませんでした。とはいえAV女優が接客してくれることは事実ですし、システム的には普通のキャバクラなので、アフター(お店の営業終了後に、お店を出てご飯を食べに行ったり、カラオケに行ったりするという、キャバ嬢の一種の営業活動のひとつです)も期待できますし、なによりも日ごろお世話になっている女優さんの実物と会話できる、というメリットはあります。六本木にあるお店の料金体系は、標準よりちょっと高め(六本木は新宿や新橋の標準店よりも若干高めの料金設定となっていることが多い)なのですが、それでも1時間大1枚程度、指名したり30分ほど延長したりして、大3枚程度で楽しめますので、一度体験してみる価値はありそうです。

http://www.r-dragon.jp/index2.php


文|つかもとまさし


↓↓↓マニアックスライター陣がエロネタ作りに使ってる出会いサイト。エッチできたら体験談をお送りください!
アフィリエイト


白い巨乳 鶯谷店
ウルトラの乳大阪店
ミスユニバース
熟れ女接吻ヘルス 女の愛情

このコラムを書いた人

つかもとまさし

下世話なニュースを拾って記事にするのが趣味

つかもとまさし

関連するその他の記事

あなたにオススメのお店