大阪ぽっちゃり巨乳専門・ピンクの仔豚

2018年 04月 06日

45

今も体験できる?昨今の女体盛り事情

つかもとまさし

-この記事を読んでる人におすすめのお店- PR
http://www.h-night.net/
 

CMLWOYLX.jpg

「女体盛り」というキーワードをご存知でしょうか。言葉だけは知っている人は(少数派ながら)存在していそうですが、実際に体験した人となると、かなり少ないのではないか、と思われます。なぜならば近年、「女体盛り」というキーワードを聞かないばかりか、実際に行っているという声は、めったに聞こえてこないからです。女体盛りとはいったい何なのでしょうか。

皿の代わりに女性を使う?

「女体盛り」とは、使われている漢字のとおり、「裸(または水着、下着など)の女性の体のうえに、刺身やすしが乗っていて、箸を使わず口で食べる」という、知らない人や、知っていても体験したことのない人にとっては、かなりインパクトのある性的趣向感の強いものです。日本では、古くは江戸時代の書物に、「女性器に刺身をはさんで食す」、といった記載があったそうなのですが、こんにちの「女体盛り」というキーワード自体は、昭和の時代に石川県の温泉旅館がおこなったサービスが発祥、といわれています。

外国でも存在する「女体盛り」

ほかにも、諸外国でも同様の趣向は見られ、刺身やすしではなく、シロップや菓子を女性に塗ったり載せたりして、やはり食器を使わずに口で食べるというもので、日本独特の趣向ではないことがうかがえます。しかし近年の欧米の映画やドラマでの「女体盛り」の取り上げられ方を見ると、侍や忍者と同じく、どうも日本の伝統芸能のように捉えられているふしもあります(主にアメリカがそのようにとらえている例が多いようで、映画「セックス・アンド・シティ」やドラマ「ライジング・サン」で取り上げられています)。

現在の日本でも体験できる

アメリカで妙な形で認知されている「女体盛り」は、「japanese nyotaimori」という、まさにカタナやニンジャと同じような感覚で浸透していて、主に訪日外国人向けに、今も日本各地でサービスの提供があるようです。屋形船や温泉地はもちろん、各種パーティーなどでも、いわゆる「ピンクコンパニオン」という呼称で派遣される女性が、サービスとして「女体盛り」を披露することが多いのですが、中には「japanese nyotaimori」のイメージを膨らませて、エッチな性風俗のイメージを超越した、日本の伝統芸術としてのエンターティメントを究めたようなお店も存在しているようで、イメージとは逆に、女体盛りを楽しめる余地は、非常に多くなっているのが実情です。これは一度、体験してみる価値はありそうですね。


文|つかもとまさし


↓↓↓マニアックスライター陣がエロ記事ネタ作りに使ってるサイト。エッチできたら体験談をお送りください!
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX


白い巨乳 鶯谷店
ウルトラの乳大阪店
ミスユニバース
熟れ女接吻ヘルス 女の愛情

このコラムを書いた人

つかもとまさし

下世話なニュースを拾って記事にするのが趣味

つかもとまさし

関連するその他の記事

あなたにオススメのお店