2018年 05月 31日

3182

平成の都市伝説?繁華街の裏風俗の現在

つかもとまさし

-この記事を読んでる人におすすめのお店- PR
https://i-cocomero.jp/
 

BIVDMQDV.jpg

風俗の王様といえばソープにデリヘル、次点でピンサロやセクキャバ等が続きますが、昔から「裏風俗」なるキーワードも、消えることなく取り沙汰されています。日本各地に点在していて、近年めっきりその数が少なくなっている「ちょんの間(大阪の飛田新地などでは未だに健在です)」も、ある意味裏風俗といえば裏風俗だったのですが、他にもなんとも神秘的な風俗が存在しているようです。

かつて存在した「ビデオBOXで本○」

「裏風俗」と聞いて真っ先に思い浮かべるのは、なんといっても本○ですね。ソープやちょんの間も、そもそも建前上「本○はなし」ということで成立しているため、本○を前面に出した時点で、もう「裏」なわけです。昭和の時代であれば、ビデオBOXや一部ピンサロなどで、「本○あり」といったうわさが流れて、それらが「裏風俗」として口コミで広がっていたものです。本○や本サロといった表現とは別に、「西川口流」という地名を入れた関連キーワードもありました。

連れ出しパブという名の「裏風俗」

平成の世になった後、「裏風俗」は死滅してしまったのか?「裏風俗」は都市伝説でしかないのか?といいますと、そうではありません。実は今でも(関東地区だけではなく、地方都市も含めて)繁華街に行けば、「連れ出しパブ」という「裏風俗」が存在している、といいます。これは、発祥は中国その他のアジア系の飲み屋である、という説が強いスタイルですが、「スナックやキャバクラような、ピンクなしの普通の飲み屋を入り口にして、飲んだ後女の子をそのままテイクアウトできる」、というのがその内容になります。お店から連れ出した後は「自由恋愛」というのが建前になっているのですが、そこは当然「自由恋愛なのでまったくタダ」とはいかないようで、相場的には(時間によるものの)2〜4万円、それにホテル代別というところです。

中国人系が多い?

かつては六本木や赤坂、それに歌舞伎町などで、日本人が多かったといわれている「連れ出しパブ」ですが、昨今では外国人中心、それもアジア系、特に中国人系が多くなってきているようです(欧米系のところも存在しています)。きょう日の歌舞伎町は、街のいたるところに拡声器や防犯カメラが取り付けられていて、拡声器からは「ぼったくりに合わないようにしましょう」、「キャッチについて行ってはいけません」などと、四六時中防犯に関する呼びかけが喧伝されているのですが、そんなものはおかまいなしに「都市伝説」が日々「現実」に姿を変えていっています。今も存在するという「裏風俗」である連れ出しパブ、宝探し感覚て見つけ出してみてはいかがでしょう。


文|つかもとまさし

マニアックスのユーザーさんが入り浸る本物の出会いサイト

マニアックスからの登録者数の実績順です。

1位 PCMAX(R18)
エロの出会い実績は全国でダントツの最強サイト
マニアックスから3442人登録(女性は614人)

2位 華の会メール(R18)
中高年の会員が多くユーザー満足度が男女とも高い
マニアックスから273人登録

3位 ワクワクメール(R18)
若い女性狙いならここがおすすめ
マニアックスから216人登録

4位 サンマルサン(R18)
パパ活系の定額サイトのため、パートナーが見つかる可能性はかなり高い
マニアックスから131人登録

5位 ミントC!Jメール(R18)
後発のため女性集客に力を入れていてライバルが少ないのが狙い目
マニアックスから45人登録

出会いのコツ

年齢認証は必ず行いましょう。登録だけだと出会いに必要なほとんどの機能が使えません。また初回ポイント購入もおすすめです。無料ポイントが加算されて出会いの可能性が向上します。

この記事もオススメ!

⇒ 出会い系サイトでの即エッチする方法とオススメのサイトBEST3

⇒ 女性専用風俗を体験してみたよー。女性用性感マッサージ店の流れと内容を知っておこう。

⇒ 素人の私が趣味でやっている女性向け性感エロマッサージで実際にセックスまでしている話

⇒ 無料風俗で手コキを体験してみたら…ド素人なのにプロレベルの痴女でした

⇒ セフレや即セックス相手が今日見つかる!オッサンでもできるネットナンパ【すべて体験済】

⇒ アラフォー非モテの僕が出会ったその日にセックスできるようになった方法

あなたのアダルトコラム、エッチな体験談、風俗体験レポートを掲載してみませんか?

風俗体験レポートから個人な性癖まで、エロで下世話なネタを掲載します。特に面白い投稿には謝礼が発生します!
無料ユーザー登録してみる!

当コラムコーナーは、エッチな体験談から官能小説まで、実話もフィクションも入り混じっています。読み物としてお楽しみいただく目的で掲載しており、記事の行為を推奨したり、犯罪を助長するものではありません。

このコラムを書いた人

つかもとまさし

下世話なニュースを拾って記事にするのが趣味

つかもとまさし

関連するその他の記事