大阪ぽっちゃり巨乳専門・ピンクの仔豚

2018年 05月 31日

135

平成の都市伝説?繁華街の裏風俗の現在

つかもとまさし

-この記事を読んでる人におすすめのお店- PR
http://www.diva-f.com/
 

BIVDMQDV.jpg

風俗の王様といえばソープにデリヘル、次点でピンサロやセクキャバ等が続きますが、昔から「裏風俗」なるキーワードも、消えることなく取り沙汰されています。日本各地に点在していて、近年めっきりその数が少なくなっている「ちょんの間(大阪の飛田新地などでは未だに健在です)」も、ある意味裏風俗といえば裏風俗だったのですが、他にもなんとも神秘的な風俗が存在しているようです。

かつて存在した「ビデオBOXで本○」

「裏風俗」と聞いて真っ先に思い浮かべるのは、なんといっても本○ですね。ソープやちょんの間も、そもそも建前上「本○はなし」ということで成立しているため、本○を前面に出した時点で、もう「裏」なわけです。昭和の時代であれば、ビデオBOXや一部ピンサロなどで、「本○あり」といったうわさが流れて、それらが「裏風俗」として口コミで広がっていたものです。本○や本サロといった表現とは別に、「西川口流」という地名を入れた関連キーワードもありました。

連れ出しパブという名の「裏風俗」

平成の世になった後、「裏風俗」は死滅してしまったのか?「裏風俗」は都市伝説でしかないのか?といいますと、そうではありません。実は今でも(関東地区だけではなく、地方都市も含めて)繁華街に行けば、「連れ出しパブ」という「裏風俗」が存在している、といいます。これは、発祥は中国その他のアジア系の飲み屋である、という説が強いスタイルですが、「スナックやキャバクラような、ピンクなしの普通の飲み屋を入り口にして、飲んだ後女の子をそのままテイクアウトできる」、というのがその内容になります。お店から連れ出した後は「自由恋愛」というのが建前になっているのですが、そこは当然「自由恋愛なのでまったくタダ」とはいかないようで、相場的には(時間によるものの)2〜4万円、それにホテル代別というところです。

中国人系が多い?

かつては六本木や赤坂、それに歌舞伎町などで、日本人が多かったといわれている「連れ出しパブ」ですが、昨今では外国人中心、それもアジア系、特に中国人系が多くなってきているようです(欧米系のところも存在しています)。きょう日の歌舞伎町は、街のいたるところに拡声器や防犯カメラが取り付けられていて、拡声器からは「ぼったくりに合わないようにしましょう」、「キャッチについて行ってはいけません」などと、四六時中防犯に関する呼びかけが喧伝されているのですが、そんなものはおかまいなしに「都市伝説」が日々「現実」に姿を変えていっています。今も存在するという「裏風俗」である連れ出しパブ、宝探し感覚て見つけ出してみてはいかがでしょう。


文|つかもとまさし


↓↓↓マニアックスライター陣がエロ記事ネタ作りに使ってるサイト。エッチできたら体験談をお送りください!
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

ハッピーメールバナー

白い巨乳 鶯谷店
ウルトラの乳大阪店
ミスユニバース
熟れ女接吻ヘルス 女の愛情

このコラムを書いた人

つかもとまさし

下世話なニュースを拾って記事にするのが趣味

つかもとまさし

関連するその他の記事

あなたにオススメのお店