2019年 08月 22日

116

マズローの法則で解明!風俗好きが風俗を優先する理由

つかもとまさし

-この記事を読んでる人におすすめのお店- PR
http://www.pururungang.com/
 

RDGDVBUC.jpg

「マズローの欲求階層ピラミッド」という心理学上の学説があります。別名「マズローの法則」とも言われていますが、この学説にあてはめると「人それぞれの価値観や優先順位のメカニズムが、明確に説明できる」というのです。風俗に行きたくなる心理を説明することもできるのでしょうか。

生理的欲求が出発点

この学説はピラミッド型の心理階層で説明することができるそうで、一番下の最も大きい欲求が「生理的欲求の層」です。呼吸や食料、水、睡眠、排泄、そしてセックスに関する欲求がこの層に該当します。このうえに「安全の欲求(健康や雇用、家族、モラルなど)の層」がきて、次に「愛の欲求の層」、それから「他者から、または他者への承認の層(寄付などを含む)」ときて、最後が「自己実現欲求の層(問題解決や創造性などの自発的活動)」となっています。

なぜ順番が変わるのか

「風俗に行きたい欲求」は、一番下の「生理的欲求」に含まれていますが、これが満たされないと「安全の欲求」に気が回らない、というのです。彼女がいて日常的にセックスをしている人は風俗に行かないけれども、結婚していてもセックスレスの場合には行きたくなって当然で、そこが満たされていなければ、仕事や寄付や自発的行動ができなくなるのも然り、というわけです。生理的欲求が満たされていない状態では、ピラミッドの土台が安定しないので、そのうえの階層の順番は「そのときの気分で変わる」、と考えられます。

優先順位付けで人生を最適化する?

この法則にあてはめると、「病気のリスクやモラルや家族を省みず風俗に行ってしまうのは、生理的欲求が満たされていないから」という説明がつきます。ただし、満足するために際限なく風俗に行くと、経済的に破綻してしまいます。そこで、この法則を念頭において、より確実に十分な満足を得るために、自分の性癖に忠実な風俗を探すところからがスタートです。「満足を得られれば、雇用も愛も自己実現もあとからついてくる」と信じて、より良い風俗探しに精を出しましょう。


文|つかもとまさし

当コラムコーナーは投稿された記事を掲載しています。エッチな体験談からルポ・自伝・官能小説など実話もフィクションも入り混じっています。読み物としてお楽しみいただく目的で掲載しており、記事内の行為を推奨するものではありません。

▼マニアックスユーザーが入り浸る出会えるサイト

【出会いのコツ】年齢認証は必ず行ってください。登録だけだとお気に入りの相手にメッセージが送れません。100円分のポイント購入だけでも全機能を使えるようになりますが、余裕を持って1.000円分ほどのポイント購入がオススメです。無料ポイントが加算されて出会いの可能性がかなり上がります。

この記事もオススメ!

【番外】あなたのアダルトコラム、エッチな体験談、風俗体験レポートを掲載してみませんか?

風俗体験レポートから個人に性癖まで、エロで下世話なネタなら基本なんでも掲載します(笑)採用されると『1P=1円でいつでも換金できるポイント』が付与されます!
どんな記事を書けばいいかはこちらをご覧ください。

ウルトラの乳大阪店
ミスユニバース
熟れ女接吻ヘルス 女の愛情

このコラムを書いた人

つかもとまさし

下世話なニュースを拾って記事にするのが趣味

つかもとまさし

関連するその他の記事

あなたにオススメのお店