大阪ぽっちゃり巨乳専門・ピンクの仔豚

2018年 07月 19日

23

顔面崩壊?プチ整形の恐怖

つかもとまさし

-この記事を読んでる人におすすめのお店- PR
http://www.ma-street.net/
 

GPMXHYDQ.jpg

今の世の中、「プチ整形」や「整形のやりすぎ」など、整形の敷居が非常に低くなっているきらいがあります。韓国の女性アイドルグループに至っては、一説によると「基本的に整形しているのは?」といわれているありさまで(見た目の良さの要因として、実際にはメイク技術の向上もかなりの比率を占めています)、「整形の一般化にもほどがある」と思える状況です。不自然なことをやると揺り戻しがくるのは、ダイエットなどを通して周知の事実と化しているのですが、顔を整形した場合、やばいことが起こる可能性はないのでしょうか。

「顔面崩壊」というキーワードが一般化

やばいかやばくないかでいうと、はっきりいって「ヤバい」といえそうです。ネットで「顔面崩壊」で検索すると、芸能人を中心に、信じがたいレベルの「崩壊後の顔面」を見ることができます。もともとの美的センスもさることながら、いじっていくうちに訳がわからない方向に行ってしまうという現象は、整形に限らず、人間の思考には必ずついて回るものなので、注意が必要です。もともと顔に対して強いコンプレックスを持っている人が、整形をする傾向が強いことから、こういった性格の人は、結果的に顔面崩壊に陥る危険度が高い、ともいえます。

一度いじるといじり続けなければならない?

高名なとある形成外科の先生が言うには、「加齢にともなう劣化を改善する=若く見せる整形は是、美人にする整形を何度もするのは非」、ということです。いまある自分の顔や容姿を受け入れて、自然に年を取って劣化していく分には問題ないのですが、一度手を入れる=整形してしまうと、もはや自然な状態ではなく、人工的な状態になってしまうので、家電製品や車などと同じく、「定期的なメンテ」が必要になってしまいます。「若返り整形」においてもそうなのですから、そのうえをいく「美人になる整形」も、何度もやるとバランスが崩れるリスクが高まるし、おまけに加齢も進んでいくので、顔面崩壊に近づいて行ってしまうわけです。

本当の恐怖は他人に起こる

さらに、本当の恐怖、つまり影響は、自分自身もさることながら、他人に対して起こってしまうものなのです。子供を作ったりすると、相手とは似ても似つかない容姿だったり、見た目が気に入って一緒になったのに、不自然な劣化を目の当たりにする羽目になったりするなど、崩壊していないときにくっついてしまった相手をも、不幸な目に合わせてしまいます。これを防ぐためにできることは、人間性や相性などの根本的な選択意外には、事実上困難である、と思われます。整形したい人も、整形した相手をつかんでしまう可能性のある人も、現代の恐怖である「顔面崩壊のリスク」を意識した方が良さそうです。


文|つかもとまさし


↓↓↓マニアックスライターがエロ記事ネタ作りに使ってるサイト。ぜひ体験談を編集部までお送りください!
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

ハッピーメールバナー

“Jメール"


白い巨乳 鶯谷店
ウルトラの乳大阪店
ミスユニバース
熟れ女接吻ヘルス 女の愛情

このコラムを書いた人

つかもとまさし

下世話なニュースを拾って記事にするのが趣味

つかもとまさし

関連するその他の記事

あなたにオススメのお店