2019年 08月 29日

22284

母乳が出ることをウリにした風俗嬢の家に呼ばれた

清水照美

-この記事を読んでる人におすすめのお店- PR
http://ultra-chichi.net/
 

AOFZWNWD.jpg

気に入った風俗店があってたまに通っている。

その風俗店は巨乳専門で、とにかくおっぱいのでかい女の子だらけだから、巨乳フェチの僕にとっては天国だった。

その中に、ちょっと変わった風俗嬢がいるんだが、その女は母乳が出ることをウリにしていた。

客に母乳を飲ませてくれるので、それが目当てで指名する男も多かった。

しかし、この風俗嬢は週1回しか出勤しなかった。

理由を聞いたら、「不特定多数を相手にするのは好きじゃない」だと。

それでは、風俗嬢として稼げないはずだ。

すると女はこう言った。

「気に入った人だけ選んで家に呼んでるの。店には内緒だけどね」

風俗店でなじみになった客の中で、気に入った男だけを選んで家に泊めているようだ。

「一晩2万だけど、よかったら来てよ。朝食もつけるから」

どうやら僕も気に入られたらしい。

朝食までつくとは笑ってしまったが、要するに、泊まればセックスもできるというわけだ。

年は30代半ばで若くはないが、とにかく爆乳でHカップくらいある。

あのおっぱいを一晩中揉んで、セックスもできるなら悪くない。

僕は早速、女の家に泊まることにした。

女は古いマンションの3階に住んでいた。

扉が軋みながら開くエレベータを降りると、いろいろな臭いがする通路の一番奥が女の部屋だった。

玄関を入ると、リビングで年寄りがお茶を飲んでいた。

えっ、と固まる。

いや、それだけではない。

「おかえりー」と、奥から子供の声がした。

出てきたのは、小学校3年生くらいの男の子だ。

しかも、赤ん坊の声まで聞こえてくる。

部屋は3DKだから、広いとはいえない。

これで泊まってセックスできるのか?

だけど、もう2万円は女に渡してしまったから、ここで帰ったらバカを見るだけだ。

リビングで出された缶ビールを飲む横で、老婆がじっとテレビを見ていた。

僕がいても少しも気にしないようだが、痴呆が出ているのだろうか。

それと、気になるのはあの小学生だ。僕が何しに来たか知っているのだろうか。

そもそも、僕たちは今夜どこでセックスするんだ?

「風呂が沸きました」

女が作ってくれたつまみを食べていると、男の子が教えに来た。

湯船につかっていると、風呂場の扉が開いて女が前を隠しながら入ってきた。

おいおい、小学生がいるって!
バアサンもだ。

「いつものことだからかまわない」

女は事もなげに言ったが、絶対教育に悪いぞ。

高校生くらいになったらグレるぞと言っておいたが、女だってそんなことはわかってるだろう。

それでも、こうしなければならない事情があるわけだ。

女が湯船に入ると、お湯がザーッと溢れた。

「溢れる〜」

と叫んだ声が風呂場に響いて、小学生がいるんだと思い出してあとは黙った。

どうもやりにくい。

くちゅくちゅと軽くフェラチオしてもらって、風呂から出た。

小学生はまだ勉強中だ。

女はバスタオルを巻いて、鏡の前で化粧水をつけている。

「きて」

寝化粧が終わると、奥の寝室に呼ばれた。
女はすぐベッドに仰向けになり、僕は正常位で挿入した。

「あっ、あっ、ああっ、いいっ」

声を抑えるかと思ったら、女はラブホにいるみたいに普通に喘ぎだした。

安いベッドがギシギシ鳴り、女がしがみついてくる。

「イクよ、イクぅぅ!」

女はガクガク痙攣しながら絶頂した。

確実に聞こえてる。グレるぞ絶対。

だけど、僕もだんだん気持ちよくなって、ゴムつきで女の中で果てた。

翌朝、バアさんは別人のようにシャキッとして、朝ご飯を作ってくれた。

女も一緒に食べている。

味噌汁をお代わりすると、「裕子さんもいる?」とバアさんが聞いた。

「裕子さん?」

すると女が言った。

「この人は旦那のお母さんだから」
「えっ、旦那がいるの、どこに?」

すると女が答えた。

「刑務所」

はあ?
刑務所ぉ!

いや、もうイカン。

いろいろありすぎて、頭がついていけそうにない。

もうここには来ないつもりで帰ったけど、しばらくたつとまた行ってみたくなってきたから不思議だ。

「でしょう、みんなそう言うのよね」

女は電話の向こうで笑っていた。

明日泊りに行くと約束して、僕は電話を切った。


文|清水照美

当コラムコーナーは投稿された記事を掲載しています。エッチな体験談からルポ・自伝・官能小説など実話もフィクションも入り混じっています。読み物としてお楽しみいただく目的で掲載しており、記事内の行為を推奨するものではありません。

▼マニアックスユーザーが入り浸る出会えるサイト

【出会いのコツ】年齢認証は必ず行ってください。登録だけだとお気に入りの相手にメッセージが送れません。100円分のポイント購入だけでも全機能を使えるようになりますが、余裕を持って1.000円分ほどのポイント購入がオススメです。無料ポイントが加算されて出会いの可能性がかなり上がります。

この記事もオススメ!

【番外】あなたのアダルトコラム、エッチな体験談、風俗体験レポートを掲載してみませんか?

風俗体験レポートから個人に性癖まで、エロで下世話なネタなら基本なんでも掲載します(笑)採用されると『1P=1円でいつでも換金できるポイント』が付与されます!
どんな記事を書けばいいかはこちらをご覧ください。

ウルトラの乳大阪店
ミスユニバース
熟れ女接吻ヘルス 女の愛情

このコラムを書いた人

清水照美

サブカル系を中心に執筆しているライター。 官能小説やアダルト記事も手掛けています。 こんな女性がいたらいいなぁという、多くの男性が抱く妄想をそのまま文章にしているので、きっと共感してくださる方がたくさんいるはずです!

清水照美

関連するその他の記事

あなたにオススメのお店