大阪ぽっちゃり巨乳専門・ピンクの仔豚

2018年 12月 06日

50

セクキャバ体入編 出戻り嬢、体験入店を申し込むの巻

カサイユウ(ライター・元風俗嬢)

-この記事を読んでる人におすすめのお店- PR
http://www.puyo29.com/
 

AWYHAQJT.jpg

photo by CLAUDIA DEA | flicker

良き出会いを構成する要素とは、タイミング・フィーリング・ハプニングの3つ。
ナイトワークの店選びについても、似たようなことが言える気がしている。
待遇、営業時間、人間関係などなど、いろんな条件はあるけれど。
最終的な決め手になるのは、感触が良いか、悪いか、やっぱりそういうとこなのね。

手軽なメール連絡の罠とは。

昨今では便利なことに、メールで体験入店の申し込みができてしまう。
確かにわざわざ電話をかけて黒服さんと会話をし、自分の声色を相手に伝え、同時に相手の声色や向こう側の空気を察したりするのはすこし億劫なことである。

電話で他人と会話をすることすら億劫であったわたしは、まずメールで体験入店を申し込むことにした。
お店があまり忙しくないであろう月曜日を選んで、黒服さんと何通かのやり取りをする。
「インターネットの求人を見てメールいたしました。面接をお願いしたいのですが、いかがでしょうか?」

…体験入店申し込みのメールを送信してから、2時間が経った。
ただでさえ尋常でない心持ちであるのに、その状態のまま2時間が経った。
もちろんお店や向こうの黒服さんが悪いのではない。
悪いのは、わたしの状態。

メールを送信してから3時間が経とうとしている頃、やっと返信が来た。
「ご連絡ありがとうございます。お日取りはどうしましょうか?」
ラフともフォーマルとも言いがたい、うまいこと中間地点を取ったこの文面に、何も文句などございません。
しかしこの3時間でわたしの心は待ちくたびれ、完全に折れてしまったのである。
心の中で(すいません、もういいです。)と呟きながら、携帯電話を閉じた。
1件目は面接にすら辿り着けなかった。

電話連絡のスムーズさったら、ないわよね。

実際に面接まで辿り着くことができたのは、電話連絡をした2件目であった。

「はいー!池袋P店でございます!」
電話ごしでも伝わってくるほどの活気に、繁盛店なのかと期待が膨らむ。
すみません、インターネットの求人を見て、面接をお願いしたいのですが…。
伝えている内容はまったく同じであるにもかかわらず、なんと意思疎通のしやすいことか。
「はい!いつがよろしいですか?」
突然なんですけど、明日、とか、大丈夫ですか?
「はいー!大丈夫ですよ!時間はどうしましょう?ウチ、20時から受付してますが…。」
じゃあ、20時でお願いします。
「かしこまりました!では明日の20時に、お待ちしております!」

なんとまあ、スムーズであること。
メール連絡ではやきもきしながら3時間待ち、結果心が折れてしまったにもかかわらず、電話連絡ではこれだけの会話で済んでしまった。
やはり急ぎの用件は、電話が良いですな。


文|カサイユウ(ライター・元風俗嬢)




この記事もオススメ!
手コキ体験レポート!ド素人S痴女の気持ち良すぎる48手に悶絶
エロ看護師手コキ痴女と強制3回戦!ドS変態に電マあてられチリ悶絶
出会い系は変態「舐められ女」だらけ!クンニ好き美女人妻をまた逝かした
「舐められ女」は実在した!ド変態マスク女との出会い
無料風俗を極めるチリが非合法業者にわざと騙されてみた!壮絶体験レポート
無料風俗を極める!超ロリ系セフレ人妻のあり得ない性事情

【番外】あなたのアダルトコラム、エッチな体験談、手コキ風俗体験レポートを掲載してみませんか?

風俗・エロ・下世話なネタなら基本なんでも掲載します(笑)文章の上手い下手は一切問いません。内容に応じて『1P=1円でいつでも換金できるポイント』が付与されます!

投稿フォーム
info@tekoki-fuzoku-joho.com

また、こちらは当サイトの多くのライター・ユーザーがエロ記事ネタ作りに入り浸る出会える系サイトです。即セックスやセフレ作りができたら、体験談を編集部までお送りください!

ハッピーメール無料登録はこちら R18
登録後はプロフィール設定と年齢認証をしましょう。法令を遵守しているサイトなので必須です。

チリペッパー小田チャンネル開設!エロ系潜入動画たくさん公開します

マニアックスから生まれた変態暴走おじさん、ついにYouTuberデビューですw
メンズエステ、出会い系から闇の深い裏風俗まで、エロ系潜入動画をたくさんアップしていきます。コラム記事に書かない情報も発信しますので、この機会に是非っ!チャンネル登録お願いします!!

ウルトラの乳大阪店
ミスユニバース
熟れ女接吻ヘルス 女の愛情

このコラムを書いた人

カサイユウ(ライター・元風俗嬢)

二十代の大半を、東京の風俗業界で過ごした元風俗嬢。ナイトワーカーとしての半生をまとめた人気連載シリーズ。思慮深く、洞察に富んだ性格で風俗嬢ライフをさわやかに駆け抜ける。

カサイユウ(ライター・元風俗嬢)

関連するその他の記事

あなたにオススメのお店