めっちゃ幅広!下着フェチの世界をちょっとだけ覗いてみよう!

巨乳風俗・おっぱぶユーザーさんの投稿コラム

めっちゃ幅広!下着フェチの世界をちょっとだけ覗いてみよう!

フェチ・変態

オナニー

瀬尾マサト 0 2,780 2020/02/13

女性の下着って…やっぱエロいですよね。とはいえ、下着売り場の前で勃起したり、ベランダに干されているパンツを盗みたいと思ったりはさすがにみなさんもしないでしょう。好きだけどそこまでの情熱はわかない…つまりフェチではないんですよね。
今回は下着フェチについてちょっとだけ語っていきます。

下着にもいろんなタイプがある

性癖にもいろんなタイプがありますが、中でも下着フェチはかなり多方向に散らばっている印象が筆者にはあります。ブラジャーもあればパンツもあり、腹巻きやババシャツといったものに執着することだってあります。また、スポーツ女子が着用するサポーターもある種の下着フェチといえるかもしれません。だるだるな肉体をした人妻・熟女が身に付ける矯正下着にやたらと興奮してしまう…そんなマニアックな人だっているでしょう。

下着フェチといってもこれだけ様々な種類があるんですよね。これは性癖の中でも特別多いのではないかと感じます。

下着か人か何に興奮するの?

また、偏愛の対象となるものも人によって様々です。一般的に下着フェチというと「あぁパンティとかブラジャーが好きなんだな」くらいの認識しかないはずです。しかしマニアたちに言わせれば「誰が着けていたのか」「形や色はどうか」「匂いやシミはあるのか」「どんなシチュエーションなのか」などなど細かく分かれていくようなのです。それらが上手くハマっていかないとフェチといえども下着に全く興味を示さない…そんなことすらあるのです。

下着フェチのようで違う人達

さらには一見、下着フェチに見えるようでも実は違うという場合もあります。たとえば童貞であるがゆえに下着に対して妄想をしてしまい性的な興奮を覚えているという人がいたとします。こういう方は実際に経験をして非童貞になると下着への愛が薄れてしまうことがあるのです。性愛行為がかなわなかったがゆえに下着に対して執着していたのであり、セックスできてしまえば「やっぱり女の体の方がいいや」とすっぱり切り捨ててしまうんです。こういう場合はフェチ=偏愛とは言いがたいのではないでしょうか。

また、芸術的素養のある人が素敵なデザインのパンツ・ブラを見て「これはすごい」「ほしい」「集めてます!」という場合があります。一般的な解釈では「下着フェチかな?」という気がするのですが、細かく分類すると必ずしもそうとは限らないのです。ただ単にデザインや生地感などに興味があるだけで、性的な興奮は覚えない…ということもあります。下着を手にとってオナニーでもすればフェチなんでしょうが、芸術性に魅了されているだけではフェチとはいえないでしょう。

このように下着フェチは実に奥が深く、論じるのはかなり大変なジャンルとなっています。しかし、だからこそ面白い分野であり今後じっくりと研究をしていきたいものでもあるといえるでしょう。みなさんも独自に下着フェチについて考察してみてください。何か新たな発見があれば…ぜひ私にご一報を!


文|瀬尾マサト



なぜこうなったか知りたい人はクリック↑

マニアックスの読者さんが入り浸る本物の出会いアプリ

出会い系アプリなんてサクラばっかりでしょ?

というのは一昔前の話し。使えないアプリはすでに淘汰され、本当に出会えるサイトだけ生き残りました。今や男女の出会いはアプリきっかけが当たり前。マニアックス読者の登録者数を見てください!

2022年10月のマニアックスからの登録者数の実績順
1位
PCMAX(R18)
出会い実績は全国でダントツの最強サイト
マニアックスから5590人登録(女性は846人)
2位
ハッピーメール(R18)
知名度・会員数日本一の総合サイト
マニアックスから1723人登録
3位
ワクワクメール(R18)
若い女性狙いならここがおすすめ
マニアックスから948人登録
4位
華の会メール(R18)
中高年の会員が多くユーザー満足度が男女とも高い
マニアックスから720人登録
5位
サンマルサン(R18)
定額サイトのため、ポイント代を気しなくていい
マニアックスから324人登録
利用のコツ
・年齢認証は必ず行う!
・初回のポイント購入はかなり割安なので5000円以上購入しておく!

無料ユーザー登録で現金がもらえるよ!!

口コミを書く。コメントを書く。それだけで換金できるポイントが毎月もらえる!
⇒ 無料ユーザー登録してみる!

当コラムコーナーは、実話もフィクションも入り混じっています。読み物エンターテイメントとしてお楽しみいただく目的で掲載しており、記事の行為を推奨したり、犯罪を助長するものではありません。

この記事を書いた人

瀬尾マサト

エロも政治もなんでもOK。まじめにしっかり読者に情報を発信するフリーライターの瀬尾です。家族を養うため、キーボードをひたすら打ち続けます!

瀬尾マサトのすべての記事を見る

関連記事

合わせて読みたい